2016年5月30日 (月)

日本のバラ

Img117
タカネバラという薔薇を描きました。西日本以西の高山に咲くそうです。

図書館で、『日本のバラ』(大場秀章監修・文、松本路子写真、淡交社)という本を借りて、さっそく写真を参考にして描きました。今回は、顔彩を使いました。

読んでびっくりしたのは、かなり古い時代の日本に薔薇が存在していて、江戸時代に園芸で育てていたという事実があったことです。むかしの呼び方が、「むばら」、「そうび」だそうです。西洋の薔薇だけでなく、日本の薔薇に目を向けられたのが、自分の中で良い収穫になってます。

一重咲きもなかなか素敵です。

お後がよろしいようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)