2016年9月26日 (月)

紅白および開設9年目

9月11日をもって、このブログは9年目を迎えていました。

本当に長いと感じています。今回は、イラストではなく、最近撮影した写真を掲載したいと思います。

Yj220492

Yj220493

Yj010505

Yj010506
彼岸花白彼岸花の写真です。オリンパスのE520(ZUIKOデジタル、マクロレンズ35ミリ)で撮影しました。一眼レフカメラでの撮影は楽しかったです。

お後がよろしいようで。これからも、よろしくお願いします









| | コメント (2)

2015年3月23日 (月)

くまモンと再会

3月20日から22日まで熊本に行ってきました。目的は、くまモンに会うことでした。昨年の9月に会いましたが、くまモンが好きすぎてもう一度と思いました。熊本市の商店街をぶらぶらしたり、美味しいお店でご飯を食べながら、くまモンと再会しました。3日間、くまモンのショーをすべて見ました。

以下は、くまモンスクエアでの写真です。

Dscn0345(スクエアの案内で、中にあるお店にいるくまモン。)

Dscn0349(やだやだーとショーの終わりを惜しむくまモン。)


Dscn0359(よかったーのポーズをするくまモン。)

Dscn0383(絵描き歌に合わせて描いた絵を披露するくまモン。)



Dscn0393(お姉さんに足が短いと言われていじけるくまモン。)

Dscn0423(熊本城のポーズをするときに、頭の上に三角形が作れないくまモン。)




Dscn0429(くまモン流熊本城のポーズ。)


くまモンと再会した初日に、私はくまモンにハグとタッチをしてきました。くまモンの感触はフワフワでモフモフしていました。ショーの際に、私以上にハイになっているおばさんを見かけて、少々気まずい思いをしましたが、くまモンの可愛さと元気で何とかなりました。お土産は、くまモンの絵が付いた可愛いお守りとくまモンの根付です。

お後がよろしいようで。くまモンだらけにしてすみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 3日 (土)

こんなのびのびできるところはいいね

今日は、電車を使って、ぶらぶらしていきました。

京都市左京区にある名勝に行ってきました。その名勝で、写真撮影をしていました。広々とした庭をのんびりと眺める時間は、とても穏やかでゆっくりしていました。また、ところどころにモダンな要素を含んでいるところを感じました。

Yj030304_2↑庭師さんたちが、芝生をお掃除しているところです。ごそっと熊手で刈った芝をかき集めています。様々な緑とゴツッとした岩と遣水が見る者を和ませます。

Yj030310庭の中にある和風建築の中から撮ったものです。借景の要素も見られます。秋になったら、橙色や黄色、赤色が見えるのでしょうか。

Yj030312実は、この名勝には、洋館が建てられています。中にも行ってみましたが、階段やドアのディティールが非常に凝っていました。水色と白が可愛らしいですね。木の緑がそよっとした雰囲気ですね。

ゆっくりできる場所はあるのです。ゆったりした場所で夏を過ごすのも悪くないですね。

お後がよろしいようで。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

お水取り

1年前の3月11日に行われたお水取りの写真を掲載いたします。

お水取りというのは、東大寺二月堂で行われる行事で、正式名称は十一面過法といいます。奈良時代から途切れることなく行われてきたそうです。カメラを持っている人が大勢来ます。

Photo_2写真のように、大きな松明が階段を上り、二月堂を駆け抜けていきます。カメラの露光とかどうにかすると帯みたいに映ります。

この日は、あられが降っていて、とても寒かったですが、神聖な気分がしました。

ちなみに、私が行ったときは、最終日の前日でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年11月12日 (金)

ある夏の日のこと

266_2 私の手です。一瞬見てどう見えますか?血糊がぺったり付いているように見えますか?

・・・・・・見えないならいいです。

赤いペンキが血みたいに付いて面白いと思ったので、ケータイで撮りました。写真をよく見ると、背景にペンキの缶が写っていますよね。

撮った場所は、生徒会室です。夏休みに文化祭のパネルの準備をやっていたときに、ペンキを使っていました。こうして、私の手に赤いペンキと白いペンキが付きました。

手は洗いましたかって?手はちゃんと洗いましたよ。

ペンキで服がとても汚れましたが、楽しかったです。布についた汚れは、除光液を使ってもあまり取れませんでした。制服のスカートをペンキで汚した時、クリーニングに出しましたが、限界に行ったくらいでも若干汚れが残っていました。あとは頑張って、爪などでひっかいて取りました。

こんな日は多分来ないでしょうね。絵を描く仕事に携わらない限りは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)