« 紅白および開設9年目 | トップページ | エレガント系というか、かっこいい系ファッション »

2016年10月 8日 (土)

秋の海と稲穂(・・・!?)

吉良上野介の所領にちょっと行ってきました(昨日)。

吉良上野介といえば、あの忠臣蔵に出てくる悪役とされていますが、実際は違うようです。正直、元禄事件(赤穂浪士討ち入り事件)の発端自体が謎で、単に今でいうところのむしゃくしゃしてやった説が有力らしいです。

今回の旅の目的は、仕事で使うネタをより理解していくことでした。

Dscn1168河口を写しています。潮の香がすでに立ち込めていました。釣り人の姿がちらほらあって、結構穏やかな雰囲気でした。

Dscn1181ウミウがいたことに、興奮して取った一枚です。他にも、トビやシラサギ、カラスなどを目撃しました。トビがくるくる飛んでいたのですが、あの「ぴーひょー」とかいう鳴き声は出していませんでした。空と海がなんとなく混ざったようにも見えなくもない気がします。

Dscn1183港というか、船着き場です。漁船が実際に操業しているところを目撃しました。また、道を歩いていると、貝殻が時々落ちていました。その横では、黄金色した田んぼが広がっていました^^

道が平らで、疲れがあまりたまらないので、色々歩き回っていたのですが、奇妙な風景を目撃してしまい、写真に収めました。

こちらです。↓

Dscn1281よくある田園風景とは全く異なるものが写っています。

もう一つ。

Dscn1283
うん、これは見かけないですね。田んぼにヤシの木並木というミスマッチ。雰囲気は穏やかな田園風景とか漁村という感じなのですがね。あと、古墳もあります。


お後がよろしいようで。気になる方は、ぜひ実際に行ってみてくださいね。

|

« 紅白および開設9年目 | トップページ | エレガント系というか、かっこいい系ファッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/189216/64314030

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の海と稲穂(・・・!?):

« 紅白および開設9年目 | トップページ | エレガント系というか、かっこいい系ファッション »